ネットで話題の痔改善法のご紹介

1 三浦真人

肛門科医から手術宣告されてしまった重症な痔でさえも、ご自宅に居ながらあなたお一人で改善できる方法があります。


>> 詳細はこちら

2 蓑田知幸

実は、1日1分●●●するだけで、だれにも知られることなく、痔が改善される方法があります。

>> 詳細はこちら

痔のICG併用半導体レーザー療法

レーザー療法には、レーザー光線を発するチップを直接患部に触れさせて治療する「接触法」と、患部に触れずに離れたところからレーザーを照射する「非接触法」があります。接触法は、熱でチップが破損してしまう不安があります。

 

非接触法はチップの破損の心配はないものの、離れたところから照射するため、痔の患部の範囲がわかりにくいという面があります。レーザー療法におけるこれらのデメリットを克服したのが、ICG併用半導体レーザー療法です。

 

ICGとは、インシド・シアニング・グリーンと言い、レーザー光線を吸収する人体に無害な色素です。これを痔核に注入することで、レーザー光線を吸収しやすくなります。

 

非接触法で行われるICGが注入された痔核への半導体レーザーの照射は、痔核が強力にレーザー光線を吸収するため、痔核の下にある肛門括約筋を傷つけることがありません。

 

これまでは、医師の技量や痔核の大きさなどによっては肛門括約筋を傷つけることもあったのですが、ICG併用半導体レーザー療法ではそのようなことがなく、安心して手術を受けることができます。

 

また、出血や痛み、副作用もほとんどなく、外痔核なら日帰りで、内痔核でも1日〜数日の入院ですみます。しかし、内痔核がなくならない、レーザー照射後に周りが腫れる可能性があるといったデメリットもあります。

 

負担が少なく安全なICG併用半導体レーザー療法ですが、医師とよく相談し、疑問点は質問して、納得した上で受けるようにしましょう。

病院名 福井県済生会病院郵便番号〒 918-8503所在地福井県福井市和田中町舟橋7-1電話番号0776-23-1111診療科目内科・外科総合外来(循環器科 呼吸器科 消化器科) 小児科 泌尿器科 眼科 脳神経外科 神経内科 耳鼻咽喉科頸部外科 口腔外科 整形外科 皮膚科 婦人科 泌尿器科 乳腺科 肛門科 産科 神経精神科 腫瘍内科 放射線科 麻酔科(ペインクリニック)病院名 福井赤十字病院郵便番...

病院名 福井大学医学部附属病院(福井大学病院)郵便番号〒 910-1193所在地福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3電話番号0776-61-3111診療科目産婦人科 歯科口腔外科 耳鼻咽喉科 循環器科 外科 眼科 呼吸器外科 小児内科 消化器科 心臓血管外科 神経内科 整形外科 精神科 内科 脳神経外科 泌尿器科 皮膚科 放射線科 麻酔科